James Duffy

James Duffy、試験法開発 & バリデーション担当アッセイ開発シニアサイエンティスト

ラボコープでの職務経験は 14 年間にわたり、低分子 LC-MS バイオ分析および高分子バイオ医薬品 CMC ソリューションに携わってきました。現在は、質量分析開発チーム内における研究開発サイエンティストチームのマネージャーとして、LC-MS 糖鎖分析を専門としています。これには、さまざまな mAbs および融合タンパク質の N-グリカンプロファイルの特性評価のほか、ミドルアップ LC-MS 分析を介した O-グリカンの特性評価のためのワークフローの開発も含まれます。

さらに、インタクト質量分析、ミドルアップ分析、ペプチドマッピングなど、その他の LC-MS バイオ医薬品の特性評価方法に関する幅広い経験もあります。最近では、リーズ大学でラボコープがスポンサーを務める、バイオ医薬品開発における理学修士課程を修了しています。

お問い合わせはこちら

お問い合わせ