ニュージーランドで、国内およびグローバルに蓄積された専門性を提供します。

ニュージーランド

お問い合わせ

地域およびグローバルの統合したソリューションで開発 ROI を最大化

Large central laboratory network, serving 16 countries in APAC

すべてのセントラルラボに適用される国際的な SOP、プラットホーム、基準に沿った一貫性ある高品質データ

ニュージーランド国内でのリソースをお考えの場合は、当社のサービスをぜひご検討ください。 Serving as a resourceful partner, we meet your local and global needs through our drug development solutions. お客様の製品が迅速に市場へ参入できるよう、当社がお手伝いします。 

ニュージーランドにおけるソリューション

当社のローカルおよびグローバルな経験に基づいて独自の視点を共有し、お客様が結果を出すお手伝いをします。 We have development solutions in neighboring areas within the Asia Pacific region:

非臨床開発サービス:当社の専門知識と地域全体の運営を利用して、お客様の開発プログラムに独自の視点を提供します。中国、上海にある当社の NMPA GLP 認定施設は、グローバルな品質基準(FDA、OECD など)を満たす数々の認証評価を受けています。プロジェクトの経費削減と効率化を達成するための、低分子およびバイオロジックスに向けた特定のソリューションをご利用いただけます。

セントラルラボサービス:シンガポールのセントラルラボの経験を活かして、一貫性ある高品質データと期限内のデータ転送により迅速な提出を実現。2000年以来の操業により、当社は世界最大級のセントラルラボを有し、アジア太平洋地域 16 か国でサービスを提供しています。

ローカルな専門知識

パートナーとして、当社は現地の科学専門家ネットワークを駆使して、お客様の研究要件を満たし、それが国際基準に従っていることを保証します。

経験豊かな治験責任医師および分担医師と一貫した被験者リクルートの定評があるニュージーランドは、治験を実施するための十分に開発された枠組みを有しています。その他の要因には以下のようなものがあります。

  • 短い納期:規制と安全性報告要件が合理化されており、同時進行の一元化された倫理委員会や規制審査プロセスのため、準備期間が短くてすみます。
  • 操作基準:ニュージーランドの倫理委員会は、政府で定めた業務基準を遵守しており、この基準は、調整、適正臨床診療における国際会議政府 (ICH/GCP) の趣意に沿っています。そのため、データと結果は国際規制当局において容易に認知されるようになっています。
  • 強力な患者母集団:ニュージーランドは、欧州人、太平洋諸島の住民、マオリ族(原住民)、アジアの民族などを含む多様な民族から構成されており、国際的な治験のためのリクルートも成功が見込めます。

会社所在地

当社ならではの地域における専門知識とグローバルな経験との組み合わせにより、お客様と共に可能性を追求いたします。お客様の目標達成に向けて当社が提供できるサービスについて、詳細をお確かめください。

セールス / 一般的なお問い合わせ:
シンガポール受付:
+65 6568 6588

事業所所在地:
Covance New Zealand Limited
Room 1031, Level 10
21 Queen Street, Auckland City
Auckland, New Zealand

お問い合わせはこちら

お問い合わせ